―Essence of Heal® のアロマセラピーを学ぼうと思った理由を教えてください。

25歳のとき医療過誤に遭い、精神的にひどく落ち込んでいた時期がありました。当時は、不調と見た目の問題から現実を受け入れることができず、生きる希望を失っていました。

家族にも友人にも打ち明けることができず、心を閉ざしていたときに出合ったのが、ケイ先生の“人生を変える・奇跡のアロマ教室”の本でした。

「アロマで人生を変えることができるの?本当?」と、疑いと希望を抱いて手にしたその本との出合いが、Essence of Heal®を学び始めたきっかけです。

―実際にコースを受講されて、いかがでしたか?(受講の感想)

中医学をベースにしたAwakening Aromatherapy®の学びは、生き方の視点を大きく広げて、私をとても生きやすくしてくれました。Awakening Aromatherapy®は、“本来の自分へ還り、個性を目覚めさせる”ことを目的としたメソッドです。その為、アロマセラピーの学びはもちろんですが、“生きる”という根本的な私たちの幸せについて、希望を抱きながら学べるところが他にはない魅力だと感じています。

誰もが「幸せを感じて後悔のない自分だけの人生を生きたい」と思っていると思いますが、漠然とした理想を抱くのではなく、どうすればいいのか?どうしたいのか?自然と行動に移している自分に出会えるアロマセラピーだと思います。

―Essence of Heal®のアロマセラピーを学んでみて、よかったこと。変化があったことなどを教えてください。

当時は、誰とも会わず家に引きこもる生活を送っていました。そんな生活を一年も続けていたら、あるとき、自分の感情がわからなくなっていくのを感じました。

何を思っていて何を感じていてどうしたいのか、自分のことなのにわからないのです。そうなると必然に、相手に思いを伝えるという行為ができなくなりました。

そんな状態でEssence of Heal®のアロマセラピーを学び始めましたが、あれから1年半経った今では「表現力が豊かだね」と言ってもらえることがあります。

こうなれたのは間違いなく、Essence of Heal®が特に大切にしている香りのイメージングのおかげだと思っています。

私はもともと感情表現が苦手で、心の中で抱いている想いと相手に伝えようと言葉にする想いが一致せず、「こんなことを言いたいんじゃないのに…」と、悩むことが何度もありました。

でもイメージングをするようになってから、自分がどんな想いを抱いているのか分かるようになり、さらにそれを言葉で表現できるようになりました。

イメージングは、香りを嗅いで感じたままを紙に描き出すという一見とてもシンプルなように思いますが、これが私の人生を大きく変える体験となりました。

―サロン紹介―

滝澤 理沙

MENU
PAGE TOP